「動画制作のあれこれ」カテゴリーアーカイブ

YouTubeアナリティスクでできる5つのこと

皆さんは自分がアップした動画の効果測定ってしたことありますか?
PR動画制作後に動画配信サイト「YouTube」にアップロードする企業はとても多いと思います。
このYouTubeに実装されている「YouTubeアナリティクス」という機能は既にご存知でしょうか?
YouTubeアナリティクスはお客様がアップロードされたPR動画のパフォーマンスを測定するための機能です。
この機能は主に5つの情報を確認することができます。

1.再生回数

2.ユーザー層(年齢別、男女別)

3.再生場所

4.トラフィックソース(どこから動画をみつけたか)

5.端末

6.視聴者維持(動画の秒数にたいしてどれだけ見続けたか)

「えー!こんなに色々なことがわかるの!?」って感じですよね。
YouTubeアナリティクスの使用方法を以下にお知らせいたします。

YouTube アカウントにログインし、アカウント アイコン > [クリエイター ツール] の順にクリックします。
左側にある [アナリティクス] をクリックします。
確認するレポートを選択します。
YouTubeページのアナリティクス解説記事はこちら。

PDCAのC Check(評価)ってついつい忘れられがちですが必ずやるべきですよね。
せっかく便利な機能がついてるんですからガンガン活用したいですね。

映像制作の株式会社ウエナカの公式HP

製品がリニューアルしたら忘れずにやるべきこと。

陽だまりの陽気が気持ちいい今日この頃。季節はすっかり秋ですね〜
朝夕の冷え込みが少しばかりこたえますが皆様お変わりありませんか?
さて、今回は制作実績のご紹介です。

以前webCMを制作させていただいたハスクバーナ・ゼノア様のホビーエンジン
「G320PUM」がこのほどリニューアルしたということで今回も海外向けwebCM制作のご依頼をいただきました。
コンセプト「REBORN」を掲げて再デビュー!
RISING SUNに照らされ復活の狼煙をあげるG320PUMの映像はこちら。

※ラジコンモーターボートの走行シーンはお客様から提供していただいた映像を借用しています。

ここで一言。
製品がリニューアルしたらHPで告知する。次にカタログを改訂する。これは皆様やってらっしゃいます。
ところがプロモーションビデオの改訂をすっかり忘れていることってありませんか?
「うちの製品、仕様が変わったんだよな〜・・」というお客様はウエナカにご一報ください。(笑)
実際の製品とギャップのあるプロモーションビデオでは何かと使い勝手が悪いはずです。

それでは今回はこのへんで。
最後までお読みいただき有り難うございました。

代表 上中創

ウエナカ公式HPはこちら。

撮影機材を所有するということ。

めっきり日が短くなりました。肌寒くなってきましたね。
土曜日に風邪をひき日曜日の朝には気合で治した代表の上中創です。こんにちは。
今日はウエナカが保有している撮影機材のことをお話したいと思います。
当社はすべての撮影機材を自社保有しています。
当たり前じゃないの?と思いますよね。
実は撮影機材はレンタル屋さんから都度調達するってプロダクションも多いのですよ。
なにしろ業務用機材は高額です。
いちいち買っていたら設備投資も馬鹿になりませんからね。
ですがウエナカの場合は必要な業務用機材をすべて購入して機材庫に保管しています。

「クリエイターは常日頃から道具を触り、使い慣れていないといけない」

当社創業者の教えです。
そして映像業界の動向を見ながら可能な限り保有機材を最新の状態にアップデートしています。
良い機材が常に手元にある。素晴らしいことです。
しかし、「良い機材があれば良い映像が撮れるわけではない」
これもまた創業者の教えであります。
肝に銘じてクリエイターとして技術を磨いていかねばと思っています。
(経営者として・・は言わずもがなですね)

最後までお読みいただきありがとうございました。

当社HPはこちら
http://www.uenakavideo.com/

「GoProを仕事で使う」

「GoProを仕事で使う」
やっと梅雨が明けたと思ったら・・あっついですね~!!!溶けますよこの暑さ。
かき氷が相棒になりつつある代表の上中です。こんにちは!

さて、今日は巷で人気の元祖ウェアラブルカメラ「GoPro」をマジメに仕事として使ってみた話をしたいと思います。
●「GoPro」
ご存知の方がほとんどだと思いますが、アメリカはカリフォルニア州生まれのヘルメットに取付けるタイプの小型カメラのことです。
Cyclisme_&_GoPro_-_GoPro_Hero_4
※wikipediaより抜粋

ベーシックな使い方はこうです。
Montage_d'une_Gopro_HD_sur_un_masque_de_chasse_sous-marine
※wikipediaより抜粋

専用アタッチメントを使うことで体のあらゆる部位はもちろんのこと自転車やサーフ、スノーボードにも取り付けて、こんな映像や、
large_Nick_Surfing_HERO3__1_
※GoPro公式サイトより抜粋

こんな映像も!
large_MI02724_150216_HMF_WingsuitProximitySwitzerland_masterimage
※GoPro公式サイトより抜粋

簡単に撮影することができるんですね。
GoProとはなんぞや?と問われたら
私なら「最高に楽しい大人のおもちゃ!」と答えます。

さて、本題です。この大人のおもちゃ、何もこんな激しい使い方だけじゃありません。地味で目立ちませんが(笑)ちょっと賢い機能が色々付いていまして、その中のひとつに「インターバルレック(撮影)機能」というのがあります。
インターバルレック撮影とは任意に設定した間隔で連続して写真を撮影することを言います。主にはカメラを三脚等で固定して被写体を定点撮影します。撮影された画像をつなげることで長時間におよぶ状況の変化を時間短縮して動画で表現することができます。
例えばスカイツリー建設の着工から完成までを1分の定点映像で見せる。なんてことも可能になるわけです。
他にも蕾が花開く瞬間や蝶の蛹が羽化する瞬間を映像で表現するのにも大変適した撮影技法になります。

当社所有の業務用カメラのほとんどにインターバルレック(撮影)機能が搭載されていますが、最近になってインターバルレック撮影にGoProを優先して採用する理由は「携帯性」と「電池の持ち」にあります。
●携帯性
機材が大きければ現場に運び込むのもひと苦労。多くの人員が必要になります。一方、GoProは小さい!驚異の1台80gですから人員を増やさずに複数台の設置・撮影が可能です。
●電池の持ち
GoProの内蔵バッテリーは正直1時間も持たないのですが、スマホ用のモバイルバッテリーで常時USB給電をしてあげれば長時間の連続撮影が可能になります。
当社では9時間連続撮影の経験があります。

アクティブな使い方とくらべると一見地味ですが大変実用性の高い使い方だと個人的には思っています。実際に当社では建築関係の定点撮影で採用実績があり品質面においてもクライアントより高い評価を頂いています。
※当社制作の映像はここでは公開できませんが、Youtube等の動画サイトで「gopro time lapse」で
検索すれば沢山のインターバルレック映像をご覧になれると思います。

適した案件をご依頼いただいた際には是非ご提案させていただきます!
それでは今日はこのへんで。最後までお読みいただき有難うございました。

制作日記「ポンプのお話」

ぱらぱら。しとしと。ざー。梅雨の長雨ですね。
先日一目惚れして買った三陽山長の仕事靴。雨のせいでなかなか出番が回ってきません。
早く履きたくてムズムズしている代表の上中創です。お久しぶりです!

今日はポンプのお話と題しまして、先日、ハスクバーナ・ゼノアさんの破砕ポンプのプロモーションビデオを制作する機会をいただきました
のでそのお話をしたいと思います。

破砕ポンプというのは固形物破砕機能を備えたポンプのことです。
送液内にまざった大小さまざまな固形物をユーザーが望む大きさに破砕、攪拌、混合し、さらに次の工程に圧送することができます。
破砕ポンプは食品、医薬、ケミカルなど様々な業界の製造現場に導入されているそうです。

こちらがそのお姿。堂々としています。
破砕ポンプ
ただし外から見た感じだと何をしてくれる装置なのかがよくわかりません。
すべては装置の中で粛々と行われていることなんです。
そのへんの機構をどれだけわかりやすくビジュアル化するかが成功の鍵でした。

こういう時に役に立つのがCGアニメーションです。
全体で3分半あるビデオの1分8秒からの一連がCGによる機構の説明です。
破砕ポンプCGこれはかなりわかりやすいですね!(って静止画だと伝わらないので最後に動画のURLもご案内します。)
“装置の中で各部品がどのように働いているのか?”
これまで営業担当様もお客様への説明に大変苦労されていたそうです。
これからはipadを携えて客先で見てもらえば一発でわかってもらえますね。
クライアントも大満足でした。

640px-20030727_27_July_2003_Tokyo_International_Exhibition_Center_Big_Sight_Odaiba_Tokyo_Japan

photo taken by Morio

後日、クライアントが東京ビッグサイトの展示会に出展されるということでご挨拶に伺いました。
ブースを覗いてみると液晶モニターにクライアントお気に入りのCGアニメーションがループ再生されていました!
本編には他にも良いシーンが沢山あるんですけどね(笑)

こちらがハスクバーナ・ゼノア様の破砕ポンプPRビデオ(フル視聴)です。
宜しければご視聴ください。

 

 

それではこのへんで。
最後までお読みいただき有難う御座いました。

 

上中創

1ビジュアル1メッセージ~伝わる広告~

今回は「伝わる広告」について書いてみたいと思います。

広告における「1ビジュアル 1メッセージ」 という言葉を耳にした事はありますか?
これは、ひとつの広告では欲張らずにメッセージを絞り込んだ方が伝わりやすいということを言っています。 例えば、好意をもっている相手がいるとします。
その相手と仲良くなるために、先ず自己紹介をします。
あなたならどんな自己紹介をしますか?
これまでの自分の歩み、趣味、特技、食の好みに至るまで語りつくしますか?
きっと、そうはしないはずです。 詳しいことは段階を追って知ってもらおうと考えますよね。
実際に、10個程度の情報を自己紹介に入れますと、 個人差はありますが、記憶に留めてもらえる情報は半分程度です。(実際に実験しました。)
しかし、それは直後の話です。 一時間経って、もう一度聞き返すとさらに半減します。
一日後ではどうでしょうか? もう、目も当てられない結果です。
一生懸命伝えようとした結果がこれではあんまりだと思いますよね。
広告映像にも同じことが言えます。欲張って色々な情報を盛り込んでしまっては本当に伝えたいメッセージが霞んでしまいます。
例えば製品PRの広告の場合、その製品の強みは何なのかを一言で表現することが必要になります。 いわゆるブランドコンセプトと呼ばれるものですね。
この、「ブランドコンセプトを決定する」という作業が広告宣伝における出発点になります。
つまり、「伝わる広告映像」の制作においても始めの第一歩であるわけです。

 

「現代の匠」建物の医者って?~映像制作日記~

さて、前回に引き続き“現代の匠”と言われる職人さんのお話です。

今回の取材先は大手全国チェーンのコンビニエンスストアでした。

コンビニって24時間休まず営業してますよね。

当たり前のようですが、これって凄いことというか、つまり人も建物設備も電気も休まず動いているということです。

もちろん、人は交代しないと倒れてしまいますから交代制ですね。

でも建物設備や電気は休み知らず。基本24h265D動きっぱなし。

そんな休み知らずのコンビニが病に倒れることがないように手厚くケアしてくれる

「建物の医者」とよばれる職人さんたちが存在します。

大げさな!と思うなかれ。

建物の病気を治すこと、予防することにかけては本物の医者そのもの。

建物に関する豊富な知識と経験、そして最先端の器具やITシステムを駆使して患部を見極め治療を施します。

現代の匠

現代の匠イメージ2

ライトをかざしてこの眼差し。まさに医者そのもの!

現代の匠イメージ3

普段、私たちがコンビニで買い物をするときに彼ら「建物の医者」の存在を意識することはありません。

それもそのはず。

彼らはお客さんに迷惑をかけないよう、普段通り買い物をしてもらえるように、細心の注意と気遣いを働かせながら、これらの

業務を遂行しているそうです。

脱帽です。

編集され、仕上がった映像からも「建物の医者」を自負する彼らの職人魂がひしひしと伝わってきて、ぐっときました
いやはや、職人と一口に言っても時代の移り変わりとともにその姿は多様化してきましたね。僕も仕事しながら勉強になりました!

 

職人バンザイ!「現代の匠」映像制作記

テレビ神奈川で2012年9月に放送された「仕事と社会貢献 ”現代の匠”」の制作現場について、お話したいと思います。

今回はその前段として(番組のねらい)について簡単にご紹介します。

さて、このテレビ神奈川さん(以下tvk)ですが、今年開局40周年を迎えたということで、それにちなんで「~明日の地球と子供たち~40時間生テレビ」を二日間にわたって放送しました。

(40時間って・・すごすぎますよね。。)

「~仕事と社会貢献~”現代の匠”」は、その中の30分間枠で放送した特別番組で、

建物の修繕や電気工事に携わる ”職人さん” にスポットを当てた内容になっています。

日本から職人がいなくなる!?

それは、けっして大げさな話ではありません。

現在、建設業界における職人さんの若者人口は減少の一途にあり、55歳以上の就労人口が圧倒的に多いという状況にあります。

建物の修繕や電気工事をしてくれる職人さんが”0ゼロ”になったら。

ちょっと考えただけでもぞっとしませんか?

私達が営む ”人間らしい文化的な生活” が音を立てて崩れ去ってしまうかもしれないのです。

建設業が生き残る為に・・。

建設業界は若者にとって魅力ある産業になるために新たなビジネスモデルを生み出さなければならない、そんな転換期にあるのかもしれません。

番組では、日本を代表する大手企業の最新プロジェクトの中で、頼もしいパートナーとして奮闘する職人たちの活躍に迫ります。

そして、彼らの活躍を通して「働くことの意味」「仕事のやりがい」を描いています。

制作におけるウエナカの役割

私は制作プロジェクトのプロジェクトマネジャーとして番組制作の進行、品質管理を担当、テレビ局の制作チームと共に仕事をしました。

色々な苦労と障害もありましたが、その甲斐あって素晴らしい番組になったと思います。

次回は「現代の匠」の制作秘話をお話しします。

企業ビデオ制作日記~排水処理プラントのPRビデオ~

“綺麗な水”

私達が生きていく上で最も必要なものの1つと言えます。

ウエナカは今回、オゾンの力で汚水を浄化する

排水処理システムのPRビデオを制作しました。

取材先は全国5カ所、北は北海道、南は九州まで。

排水処理プラントそのものの撮影だけではなく、システム導入先の企業の社長様やご担当者様、開発に携わった大学の先生に取

材を敢行。

その満足度や苦労話など本音のところをインタビューし1つの番組としてまとめ上げました。

それにしてもこの排水処理システムの汚水の浄化力には、私、大変驚かされました。(詳しくは後述します。)

さて、この”排水処理(汚水の浄化処理)”ですが、これまで常に困った問題が付いて回っていました。

それは何か?

・・・「汚泥」です。
汚泥

水を浄化処理する工程の中でどうしてもこの汚泥が発生していたのです。

この汚泥の焼却、埋め立て処理に沢山の手間とお金がかかってしまうのです。

しかし、今回PRビデオを制作した排水処理システムは汚水を浄化する工程において、汚泥発生を限りなくゼロにしたという優れ

ものなのです。

これはオゾンO3の酸化力と特許技術の撹拌法のシナジー効果に因るところが大きいそうです。

しかも仕事が早い。

実際の汚水ですとこのような感じです。
実際の汚水

すごい透明度です。しかも汚泥がでません。

この浄化技術は被災地でも役立っています。

宮城県女川町では今も連日瓦礫撤去作業が続いています。

作業環境の改善の為にオゾン酸化システムを積載したトラックが派遣されています。

瓦礫撤去作業
約85%の細菌を消滅。防臭効果が持続。

オゾンの力が作業員の皆さんの健康を守っています。

今回のビデオ制作は、真夏の真っ只中を強行スケジュールの中、汗だくになりながらの制作でしたが、

非常に社会貢献度の高い製品のPRということで私自身とてもやり甲斐を感じる仕事でした。

完成したビデオにも自信を持っています!

「排水処理システムPRビデオ(10min)」
監督:上中創
撮影:内徳美郎
編集:ウエナカビデオプロダクション
ナレーション:小幡研二
制作期間:2ヶ月(取材先4カ所)※打合せ期間含む
納品形態:DVD、WMV

まだまだ現役!DVDの作り方

ストリーミング、ブルーレイでの動画視聴が当たり前になった昨今ですが、
まだまだ企業相手に配布する際はDVDで!という要望が多いわけです。
ということで今日はDVD制作~納品までの流れをご紹介したいと思います!

workflow_dvd

1.収録する映像コンテンツの完成と同時にDVD制作がスタートします。

2.企画、構成とメニューデザイン、DVD盤面のデザインのご希望をお伺いいたします。

3.操作性を考慮したメニュー画面を制作します。

4.完成したメニュー画面をお客様にご確認いただきます。ご希望があれば、この時点で修正いたします。

5.ビデオのエンコードを行います。

6オーサリングを行います。

7.動作確認を行います。

8.DVD-Rにコピーして試写を行い、お客様に確認していただきます。

9.DVD-Rマスターを作成します。

10.プレスパッケージの場合入稿用DLTテープを作成します。

11.レーベルデザインの制作をします。

12完成.レーベルデザインをお客様にご確認いただきます。

13.オプションで色校印刷が可能です。(その場合、やり取りの期間と費用が必要となります。)

14.通常コピーパッケージの場合は入稿後約一週間、プレスパッケージは入稿後約3週間程度で納品いたします。

如何でしょうか?ちょっと細かく書きすぎましたかね?(^^;)